ニュース

欧州男子オメガ・ヨーロピアン・マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

M.A.ヒメネスが逃げ切り、今季3勝目!

スイスにあるクランスシュルシエレで開催されている欧州男子ツアー第33戦、「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」の最終日。ミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)が、通算21アンダーで今季3勝目を挙げている。

2日目から首位を守り続けてきたヒメネス。最終日のこの日もスタートホールからバーディを決めると6番から連続バーディ、さらに前半上がりホールでもバーディを決め、通算21アンダーとして折り返し。後半はスコアを伸ばせなかったが、2位に3打差をつけ、歴史あるこの大会で今季3勝目を手に入れた。

通算18アンダーで単独2位に続いたのはイタリアのエドアルド・モリナリ。1イーグル、4バーディを決めたが、2番と16番でボギーを叩いてしまい、ヒメネスにプレッシャーをかけるには至らず。それでも、前週からの調子は保っており、次の舞台での活躍に期待がかかる。

単独3位には、同じイタリアの超新星マテオ・マナセロ。立ち上がりの3番でダブルボギーを叩いたが、それ以降は盛り返し、6番から3連続バーディを決めて折り返し。後半も1つスコアを伸ばして通算16アンダー、単独3位でフィニッシュ。4日間60台でラウンドし続ける堂々としたプレーぶりで、多くのファンにその名を刻みつけた。今後の成長から目が離せない。

通算13アンダー、単独4位にはノ・スンヨル(韓国)。続く通算12アンダー、5位タイにはチャール・シュワルツェル(南アフリカ)、オリバー・ウィルソン(イングランド)ら4人が並んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 オメガ・ヨーロピアン・マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。