ニュース

欧州男子WGCバルバドス・ワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 WGCバルバドス・ワールドカップ
期間:12/07〜12/10 場所:サンディレーンリゾート(バルバドス)

ドイツがプレーオフを制して優勝! 日本は23位に終わる

バルバドスのセント・ジェームスにあるザ・カントリー・クラブ at サンディレーンリゾートで開催されている、WGC(世界ゴルフ選手権)「バルバドス・ワールドカップ」の最終日。2日目と同じく1つのボールを交互に打つフォアサムで競技が行なわれ、最終的に通算16アンダーでドイツのベルハルト・ランガー&マーセル・シーム組と、スコットランドのコリン・モンゴメリーマーク・ウォーレン組がトップに並びプレーオフへ突入。これを制したドイツが優勝の栄冠に輝いた。

この日はスコットランドが2バーディ、ノーボギーでスコアを2つ伸ばしたのに対し、ドイツは6バーディ、1ボギーと一気に5つスコアを伸ばして追いつきプレーオフへ。決着がついたのは、18番パー3で実施された1ホール目だ。ここでドイツのランガー、スコットランドのモンゴメリーともにティショットでグリーンを外してしまう。続くセカンドショットでは、ドイツのシームがスコットランドのウォーレンよりピン側へつけることに成功。このパットをランガーが上手く沈めてパーを奪ったのに対し、モンゴメリーは外して戦いに終止符が打たれた。

<< 下に続く >>

これに続く通算15アンダーの単独3位にはスウェーデンが入賞し、通算14アンダーの単独4位に南アフリカが入っている。さらに強豪のスペイン、アメリカ、アルゼンチンの3チームが通算13アンダーの5位タイでフィニッシュ。

注目の日本チームは谷原秀人平塚哲二ともに最後まで自分のゴルフができず1バーディ、4ボギーでホールアウト。スコアを3つ落として通算5オーバーの23位に終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 WGCバルバドス・ワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!