ニュース

欧州男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 WGCブリヂストンインビテーショナル
期間:08/24〜08/27 場所:ファイヤーストーンCC(米国オハイオ州)

A.スコットが抜け出し単独首位!タイガーは4位タイ。高橋竜彦は苦戦し78位

「WGC(世界ゴルフ選手権)ブリヂストンインビテーショナル」が、オハイオ州にあるファイヤーストーンCCで開幕。初日単独首位にたったのは、7アンダーとスコアを伸ばした、アダム・スコット(オーストラリア)だった。

この日10番からスタートしたスコットは、いきなりボギー発進と苦しい展開。その後もパーを続け、16番で初めてバーディを奪取した。18番もバーディとして1アンダーで折り返したスコットは、後半に入ると一気に流れを変え、1番から3連続バーディを奪取。4番でボギーを叩くも、5番、8番から連続バーディを重ね、結果この日7アンダー。単独首位に立って初日を終えている。

<< 下に続く >>

大会2連覇の期待が集まるタイガー・ウッズは、前半はやや出入りの激しい内容を見せたものの、後半に入って2つのバーディにノーボギーと安定した内容。5バーディ、2ボギーの3アンダーとして、デービス・ラブIIIルーク・ドナルド(イングランド)らと並んで、4位タイからのスタートとした。

単独の2位には、ジェイソン・ゴアが5アンダー。続く単独の3位には、ルーカス・グローバーが4アンダーとした。また、日本勢として唯一参戦している高橋竜彦は、初日から苦しい展開となり、11オーバー。78位の最下位でこの日を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!