ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくら、ショット曲がらず12位に食い込む

初出場の2004年に失格、05年は予選落ち、そして09年には優勝するなど思い出深い「伊藤園レディスゴルフトーナメント」に出場した横峯さくら。初日は4バーディ、ノーボギーと安定したゴルフをしながらも、2日目にはスコアを崩してしまった。

通算1アンダー30位タイで迎えた最終日は、ショットが安定し初日のゴルフを取り戻した。スタートの10番は7mのバーディパットを1mショートしたが、11番は下り2mを慎重に沈めてバーディ。13番パー5はフェアウェイから100ヤードの3打目をピンの手前3mにつけてバーディ。さらに14番は8mのパットを決めて連続バーディとした。

後半に入ってもドライバーショットが安定し、3番、5番と2つのパー5で着実にバーディ。距離の短い6番パー4も奪い、6バーディ、ノーボギーでのラウンド。通算7アンダーでホールアウトして12位タイに食い込んだ。

「昨日の途中で体重がかかと寄りになっていて、ボールが左に行っていたのを修正するために、つま先寄りにしたら良くなって。それを今日も気をつけてラウンドしました」。横峯がたびたび口にする体の重心位置の悪い癖を矯正することでショットが改善されたという。

前日からの改善でスコアも6アンダーと伸ばしたことに満足しているかと思いきや「まだ100%とは言えないので・・・。それに近づけるためにも、来週の試合前に調整をしっかりとして試合に備えたい」とさらなる調整を行う。そして残り2試合での1勝を目指してシーズンを戦い抜く。(千葉県長生郡/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!