ニュース

国内女子マスターズGCレディースの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、終盤のミスショットに悔い プレーオフで散る

兵庫県にあるマスターズゴルフ倶楽部で開催された、国内女子ツアー「マスターズGCレディース」の最終日。2位に3打差をつけての単独首位からスタートを切った横峯さくらは1バーディ、2ボギーと1つ落とし、吉田弓美子キム・ソヒ(韓国)に通算11アンダーで並ばれてホールアウト。ソヒと2人に絞られたプレーオフ2ホール目で敗れ、目前まで迫っていた1年4ヶ月ぶりの勝利を惜しくも逃した。

今週からダウンスイングで左腰に壁をつくる意識を置いてから復調していたショット。2日目までの好調はしかし、最終日に入って、修正してから日が浅い脆さが現れてしまった。「もう、全然ですね。課題としていたものが出てしまった」。特に顕著だったのが、勝負のサンデーバックナイン以降。前半の2番でバーディを先行させ、リードを4ストロークに広げてバックナインへ。勝利は安泰かと思われたが、13番の2打目は20mほどのロングパットを残してしまい3パット。今週49ホール目にして初のボギーを叩くと、続く14番(パー3)ではティショットをグリーン左に外し、強く入ったアプローチがグリーン反対側カラーまで達するなど連続ボギー。独走から一転、自ら混戦を招いてしまう。

<< 下に続く >>

最終18番では4mのパーパットを辛くも沈めてプレーオフ進出を決めたが、同じ18番の繰り返しで行われた1ホール目を、ソヒとバーディを分け合った後の2ホール目。ティショットは右バンカーに捕まり、2打目はグリーンを大きくショートしてラフへ。2.5mのパーパットを外し、逆にソヒに1.5mのバーディパットを沈められて決着。「(ヘッドの)芯に当たっていれば越えているバンカー。そこですよね、やっぱり」。最後のティショットに悔いの表情を浮かべた。

前日の会見で優勝への望みを強く口にしていた横峯。絶好の機会を逃す結果に終わったが、「だいぶ良くなってきたと思う。またチャンスがある、と思って頑張りたいです」と前を向く。「もちろん優勝したかったけど、いい経験ができて良かった」。シーズン終盤に向けて、この惜敗を無駄にはしない。(兵庫県三木市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 マスターズGCレディース




特集SPECIAL

`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!