ニュース

国内女子スタジオアリス女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくら、先週掴んだ感覚を実現へ!

国内女子ツアー「スタジオアリス女子オープン」の開幕前日、プロアマ戦に出場した横峯さくらは、風が冷たく4月とは思えぬ気候に防寒対策をして18ホールラウンドした。この日は全45組と比較的多くの選手が出場していたため、ハーフターンの休憩は約1時間と長めだった。

軽く食事を済ませた横峯は、ドライビングレンジに向かいドライバーショットの練習を始めた。「前半ラウンドして、弾道が少し低めだったので調整をしました」という横峯。得意のフェードボールの感触を確かめるように数十球打つと、今度はクローズドスタンスで何球かドローボールの練習も行った。

2球に1球は綺麗に左に曲がる弾道が出たが、半分は右方向に飛び出すとそのままストレート系のボールになり首をかしげる。「うーん、まだ試合では使えないですね」と苦笑いの横峯。今週もティショットの落としどころがスコアに大きく影響するコースということで、「いつもどおりのフェードで行きます」と攻め方を決めた。

ショットの精度は先週の「ヤマハレディースオープン葛城」の最終日に掴んだイメージがしっかり残っているという。横風に負けない強い弾道で、自分のイメージ通りのショットを繰り返し、2009年大会以来の優勝を狙う。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 スタジオアリス女子オープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。