ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、5位に沈むも優勝争いに充実感

「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」最終日。首位に1打差と、逆転による今季初勝利を射程に捕らえてスタートした横峯さくらだったが、2バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「74」。この3日間で初となるオーバーパーを叩き、通算2アンダーの単独5位に甘んじた。

「残念だけど、自分のミスが目立っていたので仕方がないですね」。その最たる痛恨のミスが、ダブルボギーを叩いた6番パー5だ。ティショットを右バンカーに打ち込むと、2打目の刻みで手にした番手は11番ウッド。だが、残り120ヤード前後からの3打目勝負というプランは、最悪の形で崩れ去る。左に引っ掛けたボールはOBゾーンに消え、このホールを6オン1パット。「無理をする必要もなかった。7番アイアンで刻むべきだったかな」と、前半での判断ミスを悔やんだ。

しかし、一時期の不調からは完全に脱し、今季初勝利を大いに予感させる3日間でもあった。「最終的には優勝争いできなかったけど、久しぶりに優勝争いの雰囲気を味わえただけでも良かったです」と、横峯からは失望感よりも充実感が伝わってくる。「このまま段階を踏んでいければと思います」。ようやく取り戻した本来のプレーを、次こそ勝利へと繋げる。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。