ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、中盤にスコア落して21位タイに終わる

2010/10/10 17:53


国内女子ツアー「SANKYOレディースオープン」に出場した横峯さくらは、初日に2オーバーと出遅れたが、2日目に通算1アンダーまでスコアを伸ばし13位タイまで浮上していた。しかし、最終日は3ストローク落して通算2オーバーの21位タイとなった。

前半は4番パー5でバーディを奪い、6番も長いバーディパットを沈め、ギャラリーの大歓声を受けた。この時点で4アンダーまで伸ばし、後半に期待を持たせた。

ところが、9番で3パットのボギーを叩くと、11番パー3、12番と連続ボギー。14番パー5ではバーディを奪ったが、直後の15番でダブルボギーを叩き、最終18番パー5もボギーを叩きスコアを落してしまった。

「9番の3パットから、我慢、我慢と思っていたが、崩してしまいました・・・。ショットもパットも問題ありです。パットは打ち切れなかったり。いつも言っていますが、噛み合えば・・・という感じですね」と、スコアを崩したことを反省する。

大会前、賞金女王に向けて獲得賞金の差を気に留めていたが「考えていませんでした。とりあえずは目の前の1打ですね」と、2年連続での賞金女王獲得への意識はこれからだという。

そして大会初日にグリップの太いパターを使用し、2日目には慣れ親しんだものに戻したが、最終日も信頼するパターを使用。しばらくはこのパターで試合に挑むことになりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。