ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、痛恨のダボを叩くも、11位タイと上々の滑り出し

2010/04/23 18:46


「また、やっちゃいましたね」。ホールアウトした横峯は、ちょっぴり呆れ顔で自分の失敗を振り返った。国内女子ツアー第7戦の「フジサンケイレディス」初日、4バーディ1ボギー1ダブルボギーの「71」で回った横峯さくらは、終盤の17番パー3で叩いたダブルボギーに渋い顔を隠せなかった。

序盤はバーディが先行する順調なゴルフ。2番で3mを沈めると、5番、9番でもバーディを奪い、前半を3アンダーで折り返す。13番でボギーを叩くも、16番パー5できっちりとバーディを奪い返して迎えた17番パー3。「左に行くイメージは無かった」という横峯だが、11番ウッドでのティショットは、砲台グリーンの左に転がり落ち、そこからのアプローチはピンをオーバーして逆サイドのカラーまで達してしまう。ファーストパットを3mオーバーして返しを入れきれずのダブルボギー。「ボギーで良いと思ったのですが・・・」と口をつぐんだ。

<< 下に続く >>

それでも、前日まで噛み合っていないと話していたゴルフは復調傾向。「17番以外は、イメージを出しながら、そのイメージ通りに打てました。(手ごたえは)まあまあですね」。芝目の強い高麗グリーンにも、「前半はタッチが合っていました。後半は高麗特有の難しさがありましたが」と、無難に対応した。

初日を終え、首位と4打差の11位タイ。「(明日)少しでも近づけたら良いと思います」と話す横峯。今季初優勝に向けて、まずは上々の滑り出しと言えるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!