ニュース

米国女子レクサスカップの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 レクサスカップ
期間:12/15〜12/17 場所:タナメラGC ガーデンコース(シンガポール)

アニカと初めてのラウンド! 日本代表の意地を見せられるか!?

2006/12/15 18:00


世界選抜とアジア選抜のチーム対抗戦「レクサスカップ」初日。アジア代表、そして日本代表として世界選抜に挑む横峯さくらは、気合十分で大会に臨んだ。先に行なわれた「日韓戦」や「3ツアーズ」のチーム対抗戦では、類まれな勝負強さにより大活躍を演じているだけに、横峯自身も周囲の期待の高まりを感じているはずだ。

初日は、1つのボールを交互に打つフォアサム形式。パートナーのJ.M.キムに「パターとティショットどっちがいい?」と聞かれ、パターは苦手だから「ティショット」と答えた横峯は、偶数ホールのティショットを打つことになった。しかし、実はティショットで飛距離を稼ぎたいパー5はすべて奇数ホール。J.M.キムはショットが右にぶれることが多く、パー5でチャンスをものにすることが出来なかった。「相手はロングでバーディとっていたので、ちょっともったいなかったかな」と、何気なく口に出した言葉が作戦ミスにつながったことを悔やんでいた。

<< 下に続く >>

もう一つの敵は、熱帯地方特有の強い日差しと湿度の高さだ。暑さのためか、普段は折り返しで食べるおにぎりも食べずにラウンド。キャディを務める父・良郎氏に「暑い」を連発していた。

結局、この日はアニカ・ソレンスタムカリン・コークのスウェーデンコンビに完敗。「今日は噛み合わせが悪くて…。ピンにまっすぐ行ったと思ったら距離が違っていたり、いい所に行ったけどこぼれたり…」と意気消沈の様子。初めてラウンドしたアニカの印象を聞くと、「小技がすごい上手いですね。特に100ヤード以内。パットとかも入れなきゃいけないパットは決めてくるし、すごい勉強になりました」と感心しきりだった。

横峯が持つ人一倍強い勝負運も、慣れないフォアサムや暑さ、そしてアニカのオーラには通用しなかった。しかし、気持ちは折れない。「明日は勝ちます!」と力を込めれば、それを横で聞いていた良郎氏は「勝ちますじゃなくて、勝てるよ!」といつもの調子は健在だ。

明日はY.キムと組み、お互いの良いスコアを採用するフォアボール形式にて勝負に挑む。相手は、この日苦汁を飲まされたC.コークと、日本ツアーで同組ラウンド経験のあるローラ・デービース(イングランド)。リベンジに闘志を燃やす横峯親子の活躍が楽しみだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 レクサスカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!