ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、1打差2位タイも「最後に優勝目指す」

2006/11/19 18:00


国内女子ツアーの大王製紙エリエールレディスオープン最終ラウンド(19日、愛媛県、エリエールゴルフクラブ松山)、横峯さくらは2アンダー70で回り通算8アンダー。一時はトップをとらえる場面もあったが、惜しくも1打差で優勝を逃した。

この日は、2日目までスコアを伸ばせなかった前半で2つのバーディを奪い通算8アンダー。「ショットもパットも噛み合っていた」。ところが、更にバーディを2つ獲った後の終盤になり、セカンドショットでミスが多くなった。右に曲がり、グリーンに乗せてもピンに絡まない。15番でボギーを叩くと、ロングパットが残った上がり2ホールで連続3パット。最終ホールをボギーとし「ファーストパットが長いのばかりで、セカンドショットのミスです」と悔やんだ。

初日から苦しんだショットを、最後まで修正できなかった。カップがグリーン左に切ってあると、右に曲げてしまう横峯はピンを狙いにくい。「やっぱり右から左のピンに狙っていくのは苦手です」。長さの違うドライバー2本を使う“二刀流”は機能したが、アイアンとパッティングの精度に泣いた。

次戦は今季最終戦となるメジャーのLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ。目標の年間3勝を達成させる最後のチャンスだ。「手応えはつかめているので、最後に優勝を目指したい。全体的に自分でも成長してきていると思うので、(ショット、パットが)噛み合えば、優勝争いできると思います」。最後は前を見据え、メジャータイトル奪取への自信をのぞかせた。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。