ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

さくら失速、キャディも交代して流れを掴めず

2006/09/30 18:00


「調子は悪くないんだけど、噛み合わなかっただけ」。決勝ラウンドに入った大会3日目、1バーディ4ボギーとスコアを落とし、通算3オーバーの10位タイに後退した横峯さくらは、半ば呆然とした表情で振り返った。「ショットは良かったんだけど、グリーンを外してアプローチが寄らなくてボギーを打ったり、バーディチャンスが前半はあったんだけど、入れられなくて……」と、自己評価は70点。

この日の最大の見せ場は9番ホールだった。横峯の放ったティショットは、なんとフェアウェイ上空を横切る高圧線を直撃する。「驚いたよー。『バチーン!!』って音がしたら、目の前にボトッってボールが落ちてくるんだから」と、ギャラリーもびっくりのこのショットは、ローカルルールにより打ち直しとなる。しかし、打ち直し後の第2打をグリーン右脇の池に落として、結局はボギーとしてしまった。

<< 下に続く >>

3日目にして、ついにオーバーパーとなってしまった横峯だが、もっとも気を揉んだのは、この日から父・良郎氏に代わってキャディバッグを担いだ、日下部マネージャーかも知れない。最初から担ぐつもりはなかったという良郎氏だが、この日からは仕事の都合で会場にも姿を見せていない。横峯本人は「キャディが代わっても、やりにくさとか、気持ちの上での変化はない」というものの、この大舞台で実の親から突然バトンを渡されて、日下部氏の気苦労は察するに余りある。「ほんとは良郎さんがやった方がいいですよ……」と思わずポツリ。

残りは1日。「噛み合って」多くのギャラリーの声援に応えてくれることを期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!