ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ショットは好調を維持、あとはパットが決まれば……

2006/09/12 18:00


先週の日本女子プロゴルフ選手権では、30位タイと苦戦を強いられた横峯さくら。「悔しいというより、未熟さを感じました」と、自身のゴルフを振り返った。

大会終了後の月曜日はチャリティ大会に参加し、水曜日にコース入りした横峯は、その日の練習ラウンドは行わず、この日のプロアマ戦が初ラウンドとなった。2年前に出場した時は、ドライバーが右にいって苦労したそうだが、今年はドライバーの精度も上がって、攻略に自信を深めている。

<< 下に続く >>

月曜日のチャリティ大会では、さくらがプロ枠、父・良郎氏がアマ枠で一緒にラウンドしたが、ショットの調子もよく、良郎氏から技術的な話は無かったそうだ。課題のパッティングも「大分いい方向に進んでいると思います」。

このコース攻略の鍵はラフに入れないこと。雨が降らなければ3~4アンダーは出そうだという横峯。「私の場合、あとはパッティングですね。藍ちゃんの優勝も刺激になってモチベーションは上がってきています。体調も悪くないので、頑張ります!」

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!