ニュース

国内女子NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「オーバーパーは打ち過ぎ」さくら、運にも見放される

2009/08/15 17:38


「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」2日目、通算1オーバーからスタートした横峯さくらは、4番で4mを沈めてバーディを先行させる。だが、8番パー3でティショットをグリーン左に外して、アプローチを寄せきれずにボギーとすると、続く9番パー5では、左右のラフを渡り歩いた末に4mのパーパットを外して連続ボギー。

後半はバーディとボギーが交互に来る展開で、終わってみれば3バーディ4ボギーの「73」。一つスコアを落として通算2オーバーの30位タイで2日目を終えた。

<< 下に続く >>

「ショット自体は悪くないけど、あと1ヤード届かなかったりして、今日は運がなかった」と肩を落とした横峯。とはいうものの、「オーバーパーは打ち過ぎだと思います」と、反省も忘れなかった。

「ラフに入った時はフライヤーになったり、ならなかったりして難しいけど、フェアウェイから打てれば問題ない」と、修正の最重要課題にドライバーを挙げる。「曲がりは許容範囲なのですが、ティショットをフェアウェイに置けるように調整したいです」と、さらなるドライバーの精度向上で、最終日の上位進出を目指す。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!