ニュース

国内女子ミズノクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、16位タイで逆転女王に望みをつなぐ

2008/11/09 18:37


「ミズノクラシック」最終日を22位タイで迎えた横峯さくら。首位とは8打差で逆転優勝は難しくなったが「パー5で(バーディを)3つは獲りたいです」とロングホール攻略を期して、上位進出を目指した。

出だし1番パー5、2オンさせて左5mのイーグルパットは僅かに外してしまうが、2パットのバーディ発進とする。7番パー5では2打目を右手前の深いガードバンカーに入れ、3打目をグリーン奥5mに付けてしまい、2パットのパー。前半はボギーこそなかったものの1アンダーと我慢のプレーが続いた。

後半に入ってもパープレーが続き、迎えた13番パー5。初日、2日目ともにバーディとしているホールで、2打目をピン手前20mに2オンさせる。だが「寒くて、距離感が合わなかった」と、ファーストパットを2mオーバーし、バーディパットはカップに蹴られてしまった。

16番パー5は、3オン1パットでバーディ奪取。昨日獲りたいと話していたパー5は、4つのうち2つ獲ることが出来き、この日は2バーディノーボギーの「70」でホールアウト。通算4アンダーの16位タイへと順位を上げて3日間の競技を終えた。

「ショットは悪くないので、もうちょっとパットが入ってくれれば良かったです。3日間の戦いでは、最終的にはパットが大切ですね」という横峯。この日は3m程のパットを3回は外しましたと、悔しそうに振り返った。

それでも、賞金女王を争う李知姫福嶋晃子より上位でフィニッシュし、僅かながら差は詰めた。「ショットが良くなったのが大きいです。残り3試合で手ごたえはあるはず?です(笑)」と、逆転でのタイトル獲得へ、微妙な自信を覗かせた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ミズノクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。