ニュース

国内女子ミズノクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

22位タイに一歩後退、最終日はパー5でのバーディ量産を狙う

2008/11/08 19:50


「ミズノクラシック」初日を首位と4打差で終えた横峯さくら。初日とは一転して、冬を思わせる11度という寒さに見舞われ、「今日は1日寒かった」と横峯。キャップの上にニット帽をかぶり、レインウェアを着込んだ上にカイロを持つという、万全の寒さ対策を施してスタートした。

1番パー5でバーディ発進と行きたかったところだが、「奥に行きたくないのはあったけど、ショートしすぎですよね(苦笑)」と、3打目がグリーン手前にショート。4打目のアプローチを寄せ、パー発進とする。7番パー5では2オンに成功して絶好のチャンスを迎えるが、ファーストパットを3メートルオーバー。これを外して3パットのパーとすると、8番パー3でも3パットによるボギー。1ストローク落として後半へと折り返す。

迎えた13番パー5、2打目をグリーン右のカラーへ運ぶと、3打目をしっかりと寄せてバーディ。続く14番パー4でも5メートルのバーディパットを沈め、連続バーディを奪う。後半にスコアを伸ばした初日と同様、バックナインで2ストローク伸ばし、連日の「71」をマーク。通算2アンダーと伸ばしたが、順位は20位タイから22位タイに一歩後退した。

「全体的には、もったいなかったパットが3回くらいあったけど、この雨と風の中でアンダーパーで回れたので、まあ良かったかなと思います」と振り返った横峯。「ロングがこの風だと(2打目で)届くので、(獲れていないのが)もったいないです。パー5で3つは獲りたいです」。この日パー5で1バーディだった反省を明日に活かし、賞金女王争いに向けて1つでも上の位置で終えたいところ。キャディに「明日はトップ10が目標だね」と話し、最終日に向けて意気込んでいた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ミズノクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。