ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

首位と4打差の桃子は「諦めない」

2008/10/04 18:30


「日本女子オープン」3日目の上田桃子は、通算3オーバーの10位タイから上位を目指してスタートしたが、立ち上がりは悪い流れが続いてしまう。

軽く右にドッグレッグした1番ホールは、ティショットが左のラフに掴まると、2打目をグリーン手前のバンカーに入れて、寄らず入らずのボギー。続く2番も第2打をグリーン手前のバンカーに入れて連続ボギーとしてしまった。

2つスコアを落として迎えた153ヤードの7番パー3。7Iで放った上田の球は、ピンの右手前5m程にキャリーすると、コロコロとピンに向かう。「入れっ!」という上田の声に反応するように、球はカップの底に消えた。

プロ入り初のホールインワンを達成し、「あれで気持ちが晴れた」という上田。前日まで違和感のあったパッティングも、この日朝の練習で「これだっていうのを掴んだ」と、復調気配だったが、昨日とは逆にこの日はショットが悪かった。

「フェアウェイから打ったのは4回か5回」という上田。左に掴まるショットが多く、「最近では自分の悪いところが全部出てしまった感じで、ショックでした」とうなだれた。それでも、落ち着いたプレーでパーを拾いながら、この日「72」でまとめ、通算3オーバーをキープ。順位は9位へ浮上し、トップとの差も4打に縮まった。

「ショットも昨日までは悪くなかったし、パットもこれだっていうのを見つけたので、噛み合えば良いスコアが出ると思います。メジャーだし、今日は4アンダー出ている選手もいるので、諦めずに頑張りたいです」と、目指すは逆転優勝だ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。