ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

桃子、パットが不調も優勝圏内に踏みとどまる

2008/11/15 08:28


「伊藤園レディスゴルフトーナメント」の2日目、初日3位タイと好位置につけた上田桃子は、同じスコアの横峯さくら原江里菜と同組となった。

出だしの1番パー4はペアリングが良かったのか、3人共にバーディ発進となり幸先の良いスタートを切る。2番パー3は、上り5mのスライスラインを攻めきれずパーとすると、今日はパットの調子が上がらず、3番、5番でもグリーンオンさせるまでは良いが、2パットと我慢のゴルフが続く。

続く6番パー4は、322ヤードとパー4の中で1番距離の短いホールで、グリーン前に大きなガードバンカーが待ちうけているが、上田は強気にドライバーでガードバンカーを狙っていった。バンカーからの2打目は、ピンを大きくオーバーし、ここでも2パットのパーとする。だが、9番で7mのロングパットをねじ込みバーディとし、前半は2つスコアを伸ばして折り返した。

良い流れは続き、11番はピン奥2m、12番も2mの大きく切れるスライスラインを沈めて連続バーディ。この時点で通算8アンダーの首位タイに立った。

だが、「難しいパッティングラインは入りだしたけど、入れたいパットが決まらない」という上田は、16番で2mのパーパットを外してボギーとすると、17番パー3ではティショットをグリーン奥にこぼして、寄らず入らずのボギー。終盤で2ストローク落としてしまう。結局この日は、4バーディ、2ボギーの「70」でホールアウトし、通算6アンダーの3位タイで2日目を終えた。

「ショットがどうのではなく、後半のボギーが許せないくらい悔しいです。これから練習してきます」と悔しさをあらわにしたが、明日に向けては「この展開で勝てたら嬉しいですね。明日、自分としては4か5アンダーくらい出さなければだめだと思います」と、しっかり目標を定めていた。

本人にとっては納得出来ない1日も、首位とはわずか2打差の優勝圏内に留まっている。調子の悪かったパットを調整して、明日は逆転優勝といきたいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。