ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

25位タイに浮上するも、復調の糸口は見出せず

2008/11/22 09:15


ショット、パットともに本来の切れが見られず、「大王製紙エリエールレディス」の第1ラウンドを2オーバーの31位タイで終えた上田桃子。迎えた2日目、1番ティからスタートした上田は、この日も「ショットは良くなかったし、パッティングのアドレスが全然しっくりこない」とスコアメイクに苦しみ、8番まで連続パーと伸び悩む展開が続く。

それでも9番パー5では3打目をピン下7メートルにつけると、これをねじ込みバーディを奪取。調子が悪いながらも要所を締め、1ストローク伸ばして後半へと折り返す。13番パー4ではボギーとするが、16番パー3ではピン右上1.5メートルにナイスオン。昨日に続けてこの得意ホールでバーディを奪うと、17番パー5では2オンに成功。7メートルのイーグルパットは外したものの、持ち前の攻撃的なプレーで連続バーディを奪い、最終18番パー4へと向かった。

最終日へ向け弾みをつけるためにもバーディで締めたかったところだが、1.5メートルのパーパットを外して3パットのボギー。最終的に3バーディ、2ボギーと1ストローク伸ばすに止まり、首位と6打差の通算1オーバー、25位タイで最終日を迎えることとなった。

「途中で背中がピキッと来てしまって、軽く振るようにしていました」という上田。「それでも、何とかラウンドして来られたので良かったです」というものの、明日の最終日は、スイングへの影響が心配されるところだ。「気持ちよく来週を迎えられるように、明日は来週に繋がるゴルフをして行きたいです」。最終日は体の様子を窺いながらのラウンドになるが、ショット、パットの復調への糸口を見出すことができるだろうか。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。