ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:05/31〜06/03 ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

石川遼

「マネジメントに集中できている」石川、首位と4打差で決勝へ

2012/06/02 13:17


米国男子ツアー「ザ・メモリアルトーナメント」の2日目。イーブンパーからスタートした石川は、2番でボギーが先行する怪しい雲行き。強い雨のため、2時間あまりの中断を強いられると、再開直後の4番ではバンカーショットをミスして再びボギーを献上してしまう。たが、この“雨”が結果的に石川に味方することとなった。

「こっちでプレーしていると、僕の球はアイアンショットの高さが低くて、スピンが少ないという印象がある。軟らかいグリーンの方が有利に働いてくれると思った」と石川。昨日までの固く乾いたコースが一変し、ピンを積極的に狙っていっても受け入れてくれる。石川はすぐに思考回路を切り替えた。

5番以降、バーディパットを打つ機会は多いが、なかなか決めきることができない。それでも、9番で沈めた2.5mのバーディパットが、それまでのモヤモヤを吹き飛ばす引き金を引いた。

「ミスの許容範囲が狭いから、ピンポイントで狙っていかないといけない」と、雨のあとに吹き始めた強風もあいまって、毎ショット緊張を強いられる。しかし、「今はあまりスイングのことを考えていなくて、よりマネジメントに集中できている」という石川は、コースをよく知るキャディのアダムと共に、必死でもっとも安全な攻略ルートを探っていく。

14番ではグリーンの傾斜を利用して1mに寄せてバーディ。アゲンストとなった15番(パー5)では、ティショットを左ラフに入れたものの、残り136ヤードとなった3打目を6Iの低い球でピンそばへ。「練習場で全然練習してないし、必要なときに打てるのが対応力。まさかあんないいショットが打てるとは思っていなかった。ある意味、自分らしくないプレー(苦笑)。とにかくスムーズに、ヘッドスピードを加速させない、パンチを入れないようにした」という会心のショットに思わず笑みがこぼれた。

16番も獲って3連続バーディとした石川は、18番でもティショットを2Iでフェアウェイキープすると、グリーンは外すも寄せワンでパーセーブ。この日2つスコアを伸ばして、通算2アンダー、首位と4打差の12位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

「明日の方がスコアは動いてくると思う。それに乗り遅れないように、ゲーム展開に集中できるようなスイングを維持したい」と、石川らしく論理的に締めくくった。(オハイオ州ダブリン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。