ニュース

米国男子クラウンプラザインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、5連戦の初戦は1打及ばず予選落ち

2012/05/26 08:51


米国テキサス州のコロニアルCCで開催されている、「クラウンプラザインビテーショナル」の2日目。初日に4オーバーの104位タイと出遅れた石川遼は、午前8時49分に1番ティからスタート。予選カットラインを見据えながらのラウンドとなる中、2バーディ、2ボギーのイーブンパーと伸び悩み、4オーバーは変わらずの80位タイでフィニッシュ。カットラインに1打及ばず予選落ちを喫した。

この日は、朝から思わぬハプニングにも見舞われた。今大会のパートナーである現地のプロキャディが足を負傷。きゅうきょ、別のキャディが借り出されることになった。しかし、気勢を削がれるスタート前の騒ぎにも「ドタバタしそうだったけど、意外に普通にいけました」と心を乱すことなくティオフ。初日の遅れを取り戻すべく、好スタートを切った。

<< 下に続く >>

「出だしから上手くいけた」と、ダブルボギースタートの初日とは対照的に、1番、2番とピンそば1.5mに絡めての連続バーディ発進。ショットも安定性を取り戻し、巻き返しへの準備は整っているように思えた。しかし、4番(パー3)ではアプローチが寄らず入らずのボギー。その後はスコアカード通りの数字が並び、折り返し後の14番ではティショットを左に曲げてボギー。最後まで勢いを取り戻すことは叶わず、予選カットラインに1打及ばず決勝進出を逃す結果に終わった。

「(米国に)到着して、3日では良い準備をすることが難しいと思った。結果を残せなかったことは悔しい」。今回の5連戦で来季の米ツアーシード権を狙う石川にとっては、1試合でも無駄にできない戦いが続く。少しでも多くの賞金を加算したい中での予選落ちに、悔しさを滲ませた。次戦は、コロニアルCCからおよそ1,000キロ北東に位置するオハイオ州、ミュアフィールドビレッジGCで開催される「ザ・メモリアルトーナメント」。渡米前から参戦を心待ちにしていた、ジャック・ニクラスがホストを務めるビッグトーナメントだ。「テレビでしか見たことがないけど、すごいコースだと聞いています。良い準備をしてスタートを切りたいですね」。

以前から出場オファーは受けていたものの、国内ツアーとの兼ね合いにより出場を見合わせていたという石川。念願叶って足を踏み入れる憧れの舞台で、今週の遅れを取り戻してみせる。

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 クラウンプラザインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!