ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼「今日のプレーに悔いはないです」

2012/04/20 18:16


国内男子ツアー第2戦「つるやオープンゴルフトーナメント」の2日目、初日に2オーバーの81位タイと出遅れた石川遼は、5バーディ、2ボギーの通算1アンダー、50位タイで決勝ラウンドに進む。「今日は良いプレーができた。もし予選落ちとなっても、初日のプレーが悪かっただけ。今日のプレーに悔いはないです」と表情は、天候とは裏腹に晴れやかだった。

初日の晴天から一転、夜半から春の雨が降り続く冷たい一日となった2日目。午前組の8時10分、アウトからスタートした石川は、1番でセカンドショットをピン約2.5mにつけてバーディ発進とすると、続く3番でも約60cmにつける絶妙なショットで2つ目のバーディを奪取。「タイミングが合わなかった」と、4番ティショットを左の林に曲げてティショットをOBとして、このホールをボギーとするが、6番(パー5)では約2mのバーディパットを沈めて前半を折り返した。

後半は15番でバーディを奪うが、16番(パー3)ではティショットを左奥にオーバーし、パッティングミスでボギー。17番では再びバーディを奪って、通算1アンダーでホールアウトした。初日に苦戦したバンカーショットも、この日は「水を含んでいたので難しくなかった」と、本来得意とするリカバリーショットで、パーを凌ぐ場面も見られた。また、現在パターを色々と試しているという石川は、この日の相棒に、もともと使用していたエースパターのL字型を選んだ。「転がりや距離感を予測できる。あらためて再確認できた」とパッティングに不安はない。

決勝ラウンド進出のカットラインは通算1アンダーでぎりぎりの予選通過となった石川。「いくつかのパー4では、セカンドショットをショートアイアンで打てるので特にコースの難しさは感じていない。ただ、5~6mのパットを決めていくような勢いがないと上位には行けない」。3日目も雨が予想される中、「天気次第ですが、2日間で10ストローク伸ばす、それくらいの目標で挑みます」とさらなる追撃に備える。(兵庫県川西市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。