ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、10代最後は予選落ち「寂しい誕生日になりました」

北海道北広島市にある札幌ゴルフ倶楽部輪厚で行われている「ANAオープン」2日目、初日に2オーバー91位タイと出遅れた石川遼は、ドライバーのヘッドが旧モデル、シャフトがトリプルX(より硬い)というスペックのものを急造、実戦投入し、巻き返しを図った。

だが、この日も出だしから暴れるドライバーを制御できない。1番で大きく右に曲げてボギーとするなど、2度3Wを使ったのを含めて、この日のフェアウェイキープはわずかに4回。2日間トータルで28分の6(21.4%)と出場選手中最下位の数値では好スコアは期待できない。

「フェアウェイキープできた数カ所はちゃんとゴルフができたけど、そうじゃないとゴルフをさせてもらえないことを痛感した」と深い洋芝のラフが待つ輪厚で、2日続けて「74」とスコアを落とした。

同組の諸藤将次ノ・スンヨルに対抗心を燃やし、スイングスピードを上げ、シャフトも硬いものに替えたという捉え方もできるが、石川は「2人に影響されたというよりは自分自身の問題。逆にこういう状態で2人と回ったのが残念なので、またばっちり合っている時に回りたい」とその見方を否定する。そして、「ちょっとスイングで躊躇したショットがあった」と悔しそうに振り返った。

明日の誕生日を前に、想定外の予選落ちを喫した石川は「寂しい誕生日になりましたね」と肩を落とす。それでも、これまでの10代を振り返り、「結果だけ見れば順風満帆だけど、10代で残したのは結果じゃなくて練習。来年1年間はものすごく大きなターニングポイントになる予感がします。この1年のために、今までの10代があったと思えるような年にしたい」と、大きな期待を持って未来を見つめた。

その先に待つのは、もちろん「20歳でマスターズ制覇」の大目標だ。「20歳のマスターズに、まず立ちたい。そのためにまず、20歳の秋を頑張りたい」。ほろ苦い誕生日を糧に、石川は20代の第一歩を歩み始める。(北海道北広島市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。