ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼

遼、後半に伸ばせず逆転での3連覇を逃す

山梨県の富士桜カントリー倶楽部で行われた国内男子ツアー第13戦「フジサンケイクラシック」最終日。大会前からの降雨によるコンディション不良のため中断、順延が相次ぎ36ホールでの決着となる中、イーブンパーから出た石川遼は最終ラウンドを4バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの「70」とし通算1アンダー。優勝した諸藤将次とは5打差の5位タイに終わり、大会史上初の3連覇はならなかった。

逆転での偉業達成を誓い、残りの18ホールを1番からスタートした石川は、出だしでいきなり6メートルを沈めてバーディ発進を決めた。さらに3番(パー5)では左足上がりのフェアウェイからの第2打で、ドライバーを握ってグリーン右手前のラフまで運び、3オン1パットのバーディ。早々に流れをつかんだ。

しかし18ホール中、最高難度を誇る5番パー4。ティショットを右に曲げると、林から5番ウッドでの第2打は、スライスをかけてグリーンを狙ったが、ボールは無情にも左手前の池に落ちた。「レイアップしてパーを取れる易しいピンポジションではなかった。パーからダボか、どっちかという狙いだった」。結局このホールをダブルボギーとし、トップを走った諸藤との差は一時6ストロークにまで拡がってしまった。

6番(パー5)ですぐさまバーディを奪い返すものの、7番以降はなかなかチャンスを作れず、苦しい展開。前日は「後半インで伸ばしたい」と話していたが、イン最初のバーディはティショットをピンそば1.5メートルにつけた16番(パー3)。17番では1.5メートルのバーディチャンスを右に押し出すミスパット。「悔いが残るショット、パットがいくつかあった」とスコアを伸ばせなかったインコースのプレーを悔やんだ。

1998年の「よみうりオープンゴルフトーナメント」以来となる36ホールでの短縮競技となった今大会。この日曜日はお決まりの赤いパンツに身を包み、ハートは戦闘態勢に入っていた。だが肉体とは少なからずギャップもあった。「最終ラウンドで4打差からのスタート、それだけを聞けば違和感は何もない。けれど体は18ホールしかこのコースを経験していない。それがエンジンのかかりを少し遅らせてしまったところはあった。精神状態は最高だったが、体はごまかせなかった。心と体のコントロールに苦しんだ」と唇をかむ。

今季は出場12試合中、6試合でトップ5入り。しかしなかなか1勝が届かない。それでも「こういう経験を重ねることで勝てるし、強くなれると思う」と顔を上げる。「3連覇を目指して一から、また頑張りたい。今までよりは明らかに技術的に上がっている。いつでも勝てるような状態にはなっている」。今季の国内ツアー全25戦もいよいよ折り返し。後半戦での飛躍に自信を見せてコースを後にした。(山梨県富士河口湖町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。