ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 マスターズ
期間:04/07〜04/10 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

石川遼

遼は24位発進、初のアンダーパーをマーク!

「マスターズ」初日、石川遼は4バーディ、3ボギーの「71」でホールアウトし、1アンダーの24位タイと上々の滑り出しを見せた。3回目の出場、5ラウンド目で初のアンダーパーをマーク。「スコアよりも順位ですね。1アンダーで、思ったよりも上にいるということは、普段(のマスターズ)よりもアンダーの価値があるのだと思う」と自らを評した。

序盤から中盤にかけてはショットが好調。4番パー3で1.5メートルに絡めてバーディを先行させると、7番のボギーを挟み、8番パー5で3オン1パット、さらに9番パー4では2メートルを沈めて連続バーディ。2アンダーで後半へと折り返す。

<< 下に続く >>

「過去2回は一歩下がって、アマチュアの時にプロの試合に出ている時のような感があった。今年は皆と一緒に、横に並んでプレーしている感じがする」。11番パー4では、ティショットを右の林に打ち込む大ピンチ。だが、グリーン奥カラーから7メートルの4打目をパターで捻じ込み、片足を後ろに跳ね上げる力強いガッツポーズ。その姿には、もはや気後れしている様子はまったくうかがえなかった。

13番パー5では2オンに成功し、イーグル逃しのバーディ。難度の高い11番から13番の通称“アーメンコーナー”で1ストローク伸ばし、一時は3アンダーに達するなどリーダーズボードにその名を躍らせた。14番以降は「初日なのに、何故か体が動かなくなってきた」とドライバーの精度を乱すなど2ボギーを叩いたが、何とか初のアンダーパーに踏みとどまった。

アウトの前半はフェアウェイを4ホール捕らえたのに対し、インは僅か2ホール。「終盤は我ながらひどいゴルフだった」と苦笑し、足早に練習場へと向かった。初の予選突破を大きく手繰り寄せた初日。14番以降の乱れを反省材料とし、「明日もその辺りからが勝負になる」と気を引き締める。昨年は2日目の終盤に崩れ、僅か1ストローク及ばず悔しさ募る予選落ち。同じ轍は、もう2度と踏まない。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 マスターズ




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!