ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

昨年は涙の欠場 有村「結果を残すのみ」

昨年の「日本女子プロゴルフ選手権大会 コニカミノルタ杯」は、夏場に痛めた左手首の回復が遅れ、開幕前日のプロアマ戦スタート前に欠場を強いられた有村智恵。女子プロの頂点を決する舞台を踏むことすらできず、涙に暮れながらコースを後にした。

涙の欠場から1年。「あの時は、1年後に痛みもなくこの試合に出られるとは思わなかった。今思えば幸せなことだし、またこうやってチャンスをもらえたからには結果を残すのみです」。今季はすでに2勝を挙げ、前週の「ゴルフ5レディス」でも3位フィニッシュ。昨年とは対照的に、全力を出し切って戦える状態で初日を迎えられることに、改めて喜びを?みしめていた。

メジャー仕様に仕立てられたハードセッティングに対しては、「入る場所によっては、ボールが当たるか、当たらないかぐらいのレベル(の深さ)がたくさんある」と、最大で150mmにも達する深さに伸ばされたラフに警戒を示す。「ラフに入れば、レイアップして3打目勝負」。ラフへの対処と、状況判断。攻略への道筋を自らに言い聞かせていた。

その一方で、「グリーンは止まるし、ロング(パー5)でもチャンスが作れるので、スコアは出そうな感じがする」と、想定する優勝スコアは「10(アンダー)前後」。フェアウェイの幅は平均して20~30ヤード前後と比較的広く、「ティショットでフェアウェイキープできればバーディチャンスを作れる。曲がらない人には、難しく感じないと思いますね」と根拠を説明する。ツアー屈指のショットメーカーとして鳴らす有村も、この限られた“曲がらない”選手に含まれる1人。「10アンダー」という優勝想定スコアは、自らへの期待と自信の裏返しか。(滋賀県甲賀市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。