ニュース

米国女子トレスマリアス選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2010年 トレスマリアス選手権
期間:04/29〜05/02 トレスマリアスレジデンシャルGC(メキシコ)

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、怒涛のバーディラッシュで10アンダー単独首位!

2010/04/30 13:08


米国女子ツアー「トレスマリアス選手権」の会場となるメキシコ入りした宮里藍。この大会でツアーの一線から身を引くロレーナ・オチョア(メキシコ)と同じ組で予選を迎えることになり「このタイミングで初日二日ロレーナと一緒の組で回れることを光栄に思います」。と感想を漏らしたが、「私のキャリアの中でも思い出に残る試合になると思いますが、一度試合が始まれば私は私のやるべきことに集中します」と、意気込んで初日を迎えた。

10番からスタートした宮里は、11番で幸先の良いバーディを奪うと、そのまま4連続バーディ。さらに16番、17番でもスコアを伸ばし、前半を6アンダーで折り返した。その勢いは止まらず、後半も2番から、そして7番から2度の連続バーディを奪い10アンダーまでスコアを伸ばした。

「今日はロレーナとナタリー(・ガルビス)とリラックスしてプレーすることができた。特にロレーナとはお互いにいい刺激を与えながらプレーできたと思う」とこの日のラウンドを振り返る宮里。多くのファンやメディアが注目する中、2位に2打差の単独首位で初日を終えた。

今季は開幕から2連勝を成し遂げた宮里。その2試合とも予選ラウンドをオチョアとラウンドしているが、今回も最高の形で初日を終えた。オチョアとの相性の良さも手伝って、このまま首位を独走できるのだろうか。「フィーリングがとてもよくていいパットもたくさん入ってくれた。でも明日は自分に期待をし過ぎずにラウンドしたいと思う」と、予選2日目に備える。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 トレスマリアス選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。