ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

「力は出し切ったけど実力の差」チョンに届かず宮里は3位

2006/10/01 18:00


あいにくの雨模様となった「日本女子オープン」最終日。ディフェンディングチャンピオンの宮里藍は、14,780人の大ギャラリーの期待を背負って、3打先を行くチャン・チョンを追いかけてティーオフした。

試合は1番ホールから動いた。共に2打目でグリーンを捉えらずに残した5メートルのパーパット。先に挑んだチョンは沈めたが、宮里は外してボギー。続く2番ホールでも、チョンが先に長いバーディパットを沈めたが、宮里は決めきれずにパー。スタート時の3打差が、たった2ホールで5打差に開いた。

<< 下に続く >>

結局3バーディ3ボギーとスコアを伸ばせなかった宮里は、最終日も3つスコアを伸ばしたチョンとは6打差の通算3アンダー、単独3位で大会を終えた。
「今日はパッティングの差でしたね。大事なところを決められなかったです」という宮里。「狙ったところに打てているのに、入らない。運がなかったというか、今日は私の週じゃなかったです」と、さばさばと振り返った。

その裏には、本人が一番感じているであろう、LPGAトップ選手との実力差がある。「これが(賞金ランキング)8位と21位の差。パットの差なのですけど、入れるべきパットが入るか入らないか。彼女は要所要所のパットをきっちりと決めてくる」と分析する宮里。「でも、私も少しずつ成長出来ているし、そういう経験を積んでいけば、その差は必然的に埋められると思う」と、宮里は常に前向きだ。

「パッティングとか気持ちの強さとか、課題を実感できた」と、今週もきっちりと収穫を掴んだ宮里。「先週から続いて状態はすごくいい」と、今後出場予定のIDC大塚家具レディス、また出場が濃厚な富士通レディスでも、狙うは優勝しかない。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!