ニュース

国内女子ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、スコアを落とすも首位と2打差の2位タイをキープ

2006/09/23 18:00


7,000人を超すギャラリーが訪れた大会2日目。大声援をバックに宮里は好スタートを切った。1番では2打目を3メートルにつけると、これを沈めてバーディ。続く2番パー5でも3打目を1メートルにつけて連続バーディ。朝からギャラリーのテンションは上がった。

続く3番ホール。ティショットをフェアウェイに置いた宮里だが、2打目はショートしてグリーン手前のバンカーに入れてしまう。そこからナイスアプローチでパーを拾ったものの、「フェアウェイの真ん中からだったし、チャンスはチャンスなので、あれで流れが途切れてしまった」と、2打目のミスを悔やんだ。

<< 下に続く >>

その後は10番で4オン2パットのダブルボギーを叩くなどスコアを落とし、3バーディ2ボギー1ダブルボギーの73、通算1アンダーの2位タイで2日目を終えた。

スタート前に7番ホール(204ヤード/パー3)のピンポジションを見て、5Wの代わりにユーティリティの3番を入れたが、思ったよりアゲンストの風が強く、グリーンに届かなかったことを後悔した。「明日はピンも奥になると思うので、5Wでたぶん大丈夫です」。

「(トップと)2打差は遠いような近いような感じですね」という宮里。3年前にアマチュア優勝したときも、最終日は2位スタートだった。「うーん、3年前の方が我慢強かったかな(笑)」とおどけたが、「あの時は運もあったし。今回は自分でチャンスを掴みにいかないと!」と逆転優勝へ向け、気合をこめた。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!