ニュース

米国女子マスターカードクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍が描く挑戦の足跡

難しいグリーンに戸惑った最終日、米国に戻り巻き返しを誓う!

2006/03/13 09:00


メキシコにあるリアルCCで開催されている、米国女子ツアー第3戦「マスターカードクラシック」の最終日。この日も、宮里藍らしさは影を潜めた。

インスタートの宮里は、ボギーが先行するものの、すぐさまバーディを取り返すという展開。これで後半の6番まで進み、何とかイーブンで耐えしのいでいた。ところが、7番でボギーを叩くと、8番では、まさかのトリプルボギー。結局これが響いてスコアを4つ落としてしまった。その原因はパッティングにある。最終日だけで3パットは4回、さらに4パットが1回。日本ツアーでは、決して見られなかった光景だ。

「今はフィーリングは悪くないんですけど、噛み合いませんね。ちょっとしたキッカケだと思うのですが・・・。今日は、とにかくグリーンが読み切れなくて苦しみました」

前週はハワイのリゾートコース、そして今週はメキシコの高地コースと、やや癖の強いゴルフ場での戦いが続いている。当然ながら、繊細なタッチが要求される場面での対応もより難しい。そういう意味では、米国に戻る次週からの方が感覚は掴みやすいだろう。試合後、「セーフウェイ インターナショナル」のプロ・アマに参加する為、すぐにアリゾナへと移動した宮里。ハードなスケジュールの中、正念場とも言える第4戦を迎える。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 マスターカードクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。