ニュース

米国女子HSBC ワールド女子マッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 HSBC ワールド女子マッチプレー選手権
期間:07/19〜07/22 場所:ワイカギルCC(ニューヨーク州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

「マッチプレーはすごく好き!」昨年の一回戦敗退の雪辱は晴らせるか!?

2007/07/19 09:19


今週、宮里藍が参戦するのは「HSBCワールド女子マッチプレー選手権」。個人と個人が18ホールのマッチプレー方式で争う勝ち抜き戦で、敗北はそのまま大会の終わりを意味する。技術面はもちろん、相手とのかけひきや戦術も勝利へのポイントとなり、精神的な強さも問われる大会だ。

昨年大会では、1回戦で韓国のペ・ギョンに敗北を喫している宮里。しかし本人は「マッチプレーはすごく好きです」と話す。昨年の一回戦負けを問われると、「だからこそマッチプレーは何が起こるか分からないので、面白いんです」と切り替えした。

宮里曰く、「決めるべきパットを入れて、我慢するところは我慢する、というメリハリのあるゴルフが出来るかどうか」がマッチプレーで勝ち抜くポイントだという。「マッチプレーは“流れ”が重要なので、追いかける側も追いかけられる側も、いかに“平常心”を保つかが大事ですね」と、自身の中で確固たる戦術は出来上がっているようだ。

その1回戦の相手は、ウェールズ出身のベッキー・モーガン。宮里と同じく米ツアー未勝利のモーガンは、今年が今大会初出場。過去2試合に出場している宮里にとって、十分勝利のチャンスがある相手といえよう。

「ミスの少ないプレーをした方が、上位に行くと思います」(宮里)。体調はバッチリ、調子もまずまずと話す宮里が、勝利のポイントと位置づける堅実なプレーで勝ち抜いていくことができるか、注目だ。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 HSBC ワールド女子マッチプレー選手権

  • 2007/07/19~2007/07/22
  • 賞金総額:2,000,000US$
  • ワイカギルCC(ニューヨーク州)



特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。