ニュース

米国女子LPGAコーニングクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 LPGAコーニングクラシック
期間:05/21〜05/24 場所:コーニングCC(ニューヨーク州)

宮里藍が描く挑戦の足跡

藍、3パット3回で32位「あと3打は縮められた」

2009/05/22 12:50


今週、「LPGAコーニングクラシック」が開催されているコーニングCCは、全長6,223ヤードと、今季ここまでで最短コース。パー71だった、2週前の「キングスミル(ミケロブウルトラオープン開催)」の6,315ヤードよりも短く、今週はスコアの伸ばしあいとなりそうだ。

大会初日は9時10分に1番ティからスタートした宮里藍。2番パー5で2オンに成功して2パットのバーディとしたが、同じく2オン可能な5番パー5では、右下13mに載せたものの、ここから3パットしてバーディを逃してしまう。続く6番で第2打を1.5mにつけてバーディを奪ったが、今度は7番パー3でピン上5mにつけてしまい、ここから3パットでボギーとする。それでも、8番、9番で連続バーディを奪った宮里は、前半を3アンダーで折り返した。

<< 下に続く >>

後半もスコアを伸ばしたかった宮里だが、14番で再びピン上から3パットのボギーとし、16番でバーディを取り返したものの、後半は1バーディ1ボギーとスコアを伸ばすことは出来なかった。

初日を5バーディ2ボギーの「69」、3アンダーの32位タイで終えた宮里は、「欲を言えばあと3打は縮められたと思います」と、3回の3パットを悔しがった。「ホールによって凄い速いところがあって、スピード感を保つのが難しかったです。(グリーンの)表面自体が凄い光っていて、ラインを出していくのも難しかったです」。

それでも、「よく我慢した方だと思います。3パットをこれだけしたのは久しぶりだけど、そういう中で60台を出せたのは良かった」と、前向きな姿勢を見せる。明日は午後スタートとなるが、「グリーンが(踏み荒らされて)悪くても、芯で打つことだけを考えればいい」と、ポジティブさは失っていない。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 LPGAコーニングクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!