ニュース

米国女子ギントリビュートの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ギントリビュート
期間:05/29〜06/01 リバータウンCC(サウスカロライナ)

宮里藍が描く挑戦の足跡

昨年のリベンジへ、静かに闘志を燃やす

2008/05/29 18:08


昨年大会では、最終日に「82」の大叩きをしてしまった「ギントリビュート」。「今年だったら、同じプレーをしても冷静に分析できる」という宮里は、あれから1年が経ち、不調からの建て直しも着実に進んでいる。先週は試合を休み、月曜から3日間は完全休養。コース入りした今週は、火曜日に上田桃子と共に練習ラウンドを行った。

ショット・パットともに好調という宮里は、水曜日はプロアマのウェイティングに入った為に練習のみ。練習場では、ショットをビデオカメラで撮影して自分で確認し、「意外に良かった」という。これまでは自身のフィーリングのみに注意し、メカニカルな部分には目をつむっていたが、客観的に見る余裕も出てきたようだ。

パッティングに関しては、「フェースの向きに注意して練習した」という。今日の時点では、グリーンは軟らかく止まりやすい為、週末はパッティング勝負となることが予想される。スコアを伸ばすには、シビアなパッティングが要求されるだけに、調整に余念はない。

開幕を前にした宮里は、いつも通り自分のプレーに集中する姿勢を見せている。調子が上がりつつある今、余計に結果への欲が出てきて、スイングに乱れを生じさせてしまうことがある。だからこそ、自分の気持ちを抑えて、いつも以上にマイペースを心掛けて戦うことが大切で、本人もそれを十分に理解している。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ギントリビュート




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。