ニュース

米国シニアボーイングクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 ボーイングクラシック
期間:08/28〜08/30 場所:TPCスノークォルミー・リッジ(ワシントン州)

首位にL.ロバーツとM.マクナルティが並ぶ! 尾崎直道は大きく後退

ワシントン州にあるTPCスノークォルミー・リッジで開催されている、米国チャンピオンズツアーの第18戦「ボーイングクラシック」の2日目。マーク・マクナルティ(アイルランド)とローレン・ロバーツが通算11アンダーで首位に並んでいる。

首位と2打差の2位タイからスタートしたマクナルティとロバーツ。マクナルティは4つのバーディを決めて前半を終えると、後半は14番から3連続バーディをマークし、ベストスコアタイの「65」をマーク。ロバーツも前半6番から、後半も14番から、2度の3連続バーディを決めるなどして「65」をマーク。お互い一歩も譲らずスコアを伸ばし、通算11アンダーで首位に並び立った。

<< 下に続く >>

3位タイに並んでいるのは、ベルンハルト・ランガー(ドイツ)とマーク・オメーラの2人。ランガーは序盤から積極的なゴルフを展開し3度の連続バーディをマーク。オメーラは前半伸び悩んだものの、後半に盛り返して通算9アンダー。首位を争う2人を2打差で追っている。続く通算8アンダー、5位タイには、クレイグ・スタドラーダン・フォースマンが続いている。

6位タイと好スタートを切った尾崎直道は、7、8番で連続バーディをマークするなど前半はスコアを伸ばしたが、後半に入り突如崩れ、13番からの3ホールで6つスコアを落す大乱調。通算1オーバーまでスコアを落とし、40位タイに後退している。青木功はこの日もスコアを伸ばせず、通算11オーバー、77位で2日目終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ボーイングクラシック




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!