ニュース

米国シニア全英シニアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 全英シニアオープン
期間:07/23〜07/26 サニングデールGCオールドC(イングランド)

R.ロバーツ、三つ巴のプレーオフを制して戴冠!尾崎直道は47位タイでフィニッシュ

イングランドにあるサニングデールGCオールドコースで開催されている、米国チャンピオンズツアーの第15戦「全英シニアオープン」の最終日。ローレン・ロバーツフレッド・ファンク、マーク・マクナルティ(アイルランド)とのプレーオフを制し、2度目のタイトルを手にしている。

ファンクと共に、2位タイで最終日を迎えたロバーツ。立ち上がり4ホールで2ボギーを叩くなど不安な立ち上がりを見せたロバーツであったが、それ以降は安定しパーセーブを続けて前半終了。後半に入ると復調して4つのバーディをマーク。通算12アンダーまでスコアを伸ばしてホールアウトし、3バーディ、ノーボギーでラウンドしたファンク、7位タイからベストスコアをマークして追い上げたマクナルティによる三つ巴のプレーオフへと突入。

まずプレーオフ1ホール目でファンクがバーディを決められずに脱落。ロバーツとマクナルティの一騎打ちとなったプレーオフ2ホール目では両者共にパー。そして迎えた3ホール目、再びパーセーブしたロバーツが2006年以来、自身2度目となる「全英シニアオープン」での優勝を手に入れた。

通算11アンダーで、プレーオフを争った3人に続いて単独4位に入ったのは、ベルンハルト・ランガー(ドイツ)。初日の出遅れが悔やまれる結果となった。首位スタートのグレグ・ノーマン(オーストラリア)は、前半記録した連続ボギー、そして終盤17番のダブルボギーが響いて通算9アンダー、6位タイでフィニッシュしている。トム・ワトソンは、序盤スコアを落したが、前半上がりを3連続バーディで締めるなど見せ場を作り通算7アンダー、8位タイで大会を終えている。

日本勢唯一の決勝ラウンド進出を果たした尾崎直道はスタートホールでバーディを決める順調な立ち上がりを見せたが、後半に2つスコアを落とし通算4オーバー、47位タイで大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 全英シニアオープン




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。