ニュース

米国シニアジェルド・ウェン・トラディションの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 ジェルド・ウェン・トラディション
期間:08/28〜08/31 ザ・リバースバインヤーヅ & GC(オレゴン州)

T.ワトソンが再逆転でメジャー2連勝を飾った!!

米国チャンピオンズツアー第24戦『JELD-WEN トラディション』が、オレゴン州のザ・リザーブヴィニヤーヅ& GCで開催された。今シーズン最後のメジャーとなるこの試合は、息詰まる優勝争いが展開された。14アンダーにトム・カイトトム・ワトソン、ジム・エイハーン、ギル・モーガンの4人、13アンダーにブルース・サマーヘイズ、モーリス・ハタルスキーの2人が並び、終盤誰が抜け出すか全く想像も出来ない状態。

首位4人の中で最終18番ホールで唯一バーディを奪ったトム・ワトソンが、15アンダーでフィニッシュし、7月の「全英シニアオープン」に続いてメジャー2連勝。シーズン2勝目を飾った。

初日4アンダー5位につけたワトソンは、2日目に10ストローク伸ばし14アンダーで単独首位に立った。3日目は、周囲がスコアを伸ばす中、1人乗り遅れてしまい首位の座を明け渡してしまった。しかし最終日は前半に1ストローク伸ばし優勝争いに加わってきた。

14アンダー単独首位でスタートしたエイハーンは、前半3つのボギーで優勝争いから脱落しかけたが、15番パー5でイーグルを奪い再び14アンダーに戻したがそこまで。トム・カイトはスタートの1番でバーディを奪ったが、その後伸ばせず14アンダー止まり。

連続バーディでスタートしたギル・モーガンも4ストローク伸ばしたが、いずれも終盤に伸ばすことが出来なかった。ワトソンだけが18番でバーディを奪ったのだが、その差はメジャーに勝つという精神力と集中力。キャディのブルース・エドワーズとのコンビネーションも勝因になっているに違いない。

日本からは青木功が唯一出場していた。初日、2日目と出遅れていたが、3日目にベストスコアの64をマークし12位に浮上した。最終日はイーブンパーのため7アンダーでフィニッシュし、20位で競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ジェルド・ウェン・トラディション




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。