ニュース

米国シニアフリートボストンクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 フリートボストンクラシック
期間:08/01〜08/03 ナッシュオータックCC(マサチューセッツ州)

通算15アンダー、A.ドイルが序盤に伸ばし逃げ切り!

米国チャンピオンズツアー第20戦『フリートボストンクラシック』が8月1日(金)から8月3(日)までの3日間、マサチューセッツ州ナッシュオータックCCで開催された。初日は長身のブルース・フライシャーが単独首位に立ったが、2日目には丸い体型のアレン・ドイルが首位に浮上した。そして最終日、5番パー5でイーグルを奪ったドイルが、前半に4ストローク伸ばし15アンダーで逃げ切った。

8番ホールで2つ目のバーディを奪ったドイルは、その後10ホール全てパー。2位以下が伸び悩んでいたこともあり、楽勝ムードだった。ドイルは昨シーズン優勝が無かったが、これでツアー通算8勝目となった。

12アンダーで2位に入ったのは、初日首位のフライシャーと、ディフェンディングチャンピオンのボブ・ギルダーの2人。フライシャーは2日目にスコアを伸ばせず4位に後退していたが、最終日は再び6つのバーディを量産した。シーズン序盤は満足のいく成績が無かっただけに、後半に向け調子を上げている。

連覇を狙ったギルダーは、このコースとの相性が良いようで、派手なゴルフではないが着実にスコアを伸ばした。最終日は10番から3連続バーディを奪い、追い上げモードに入ったが、その後はドイルと同じように全てパープレーとなった。

今週は日本の青木功海老原清治は不参加だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 フリートボストンクラシック




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。