ニュース

米国シニア全米シニアオープン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 全米シニアオープン選手権
期間:06/26〜06/29 場所:インバネスクラブ(オハイオ州)

ワトソン伸び悩み2位転落、フェルナンデスが首位奪取!

米国チャンピオンズツアー(米国シニア)第17戦、USGA(全米ゴルフ協会)主催のメジャー「全米シニアオープン選手権」2日目が行われ、ビセンテ・フェルナンデスが5アンダーで単独首位に立った。初日トップに立っていたワトソンは2日目午後スタートでスコアを伸ばせず、4アンダーで2位に後退した。

フェルナンデスはコースの難所である3番から7番ホールを1アンダーで回るなどノーボギーで回り、1イーグル、5バーディと難コースを攻略。64をマークしトータル5アンダーでトップに立った。

<< 下に続く >>

初日は風雨でサスペンデッドとなったが、雨は夜中まで降り続きグリーンが止まりやすくなった分、早めのスタートとなった選手に有利に働いた。

「このコースはグリーンが速くてアンジュレーションがきつい。伸ばせる時に伸ばさないとチャンスがなくなる」ともらしていたアレン・ドイルは午前スタートの恩恵を享受し69をマーク。トータル1アンダーで4位としている。「これで喜んではいられない。残りの2日間でコースはさらに難しくなるだろうから、気を抜いたら元も子もない」と試合後にコメントしていたが、それほどコース設定がタフということだ。

日本勢では青木功がトータル7オーバー39位タイ、海老原清治は2日目耐えてイーブンパーで回り、トータル8オーバーで49位タイで予選通過を果した。須貝昇は初日と同じくショットの調子が戻らないまま80を記録し、トータル18オーバーで予選落ちとなった。

トータル9オーバー55位タイまでの60名が決勝ラウンドに進出した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 全米シニアオープン選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!