ニュース

米国シニアアリアンツ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

アリアンツ選手権
期間:02/10~02/12  場所: ブロークンサウンド・オールドコース(フロリダ州)

首位は初勝利を狙う2人!B.ランガー、M.カルカベッキアが1差に迫る

順位 選手名 通算 合計
1 C.ペイビン -10 134
1 P.シニア -10 134
3 M.カルカベッキア -9 135
3 B.ランガー -9 135
5 J.L.ルイス -7 137
5 M.アレン -7 137
5 P.ヤコブセン -7 137
5 J.シンデラー -7 137
9 J.クック -6 138
9 G.ホルバーグ -6 138

スコア詳細を見る

◇米国シニア◇アリアンツ選手権2日目◇ブロークンサウンドCオールドコース(フロリダ州)◇6807ヤード(パー72)

初日8アンダーとロケットスタートを切ったコーリー・ペイビンが「70」とスコアを2つ伸ばすにとどまり、一気に混戦となった。6アンダーの2位タイからスタートしたピーター・シニア(オーストラリア)が5バーディ、1ボギーの「68」で回り通算10アンダーとしてトップタイに浮上。「良いプレーができているので、去年よりも自信がある」。ペイビンと同じく、チャンピオンズツアー未勝利の2人がトップタイで最終日を迎える。

そして1打差に迫るのがドイツのベルンハルト・ランガーと地元米国からマーク・カルカベッキア。前半に3連続バーディを決めたランガーは「我慢が必要。グリーンの外からパーを拾うのが難しくなるから、できるだけグリーンを(パーオンで)とらえていかなくては」と最終日を見据える。一方のカルカベッキアは2番でダブルボギー、続く3番でボギーと出だし3ホールで3ストローク後退しながらも、そこから7つのバーディを重ねて好位置につけた。

通算7アンダーの5位タイにマイケル・アレン、ピーター・ヤコブソンら4人。昨年王者のトム・レーマンは「72」と伸ばせず、通算1アンダーのままで35位タイと苦しんでいる。


特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~