ニュース

米国シニアSBC選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 SBC選手権
期間:10/15〜10/17 オークヒルズCC(テキサス州)

ルーキーのマクナルティが圧勝劇!青木は大乱調も37位

テキサス州にあるオークヒルズCCで開催されている、米国チャンピオンズツアー第28戦「SBC選手権」の最終日。ツアールーキーのマーク・マクナルティが新人離れしたプレーで他を全く寄せ付けず、8打差の圧勝で今季2勝目を挙げた。

2日目に驚異的な「63」を叩き、2位以下に4打差をつけて最終日を迎えたマクナルティ(ジンバブエ)。最終日も前半で4つスコアを伸ばし、後半でも3連続バーディを奪うなど、この日のベストスコア「67」をマークして通算18アンダーでホールアウト。18アンダーは今季のチャンピオンズツアーのベストスコアでもあり、大会記録も更新した。

8打差での勝利は2001年にダッグ・ツールが「カントリーワイド・トラディション」で9打差をつけて勝って以来の最高マージンとなった。ツアーのルーキーで今季2勝以上しているのはマクナルティだけだ。

賞金王争いをしているクレイグ・スタドラーとヘイル・アーウィンに最終日のチャージが期待されたが、この日はともにおとなしく1アンダーで終了した。対照的に4位タイに入ったトム・カイトは8バーディ、1ボギーとパー3で7打叩く大乱調ぶり。2位タイでスタートしたゲーリー・マコードが2アンダーでまとめて、通算10アンダーで単独2位でフィニッシュ。

そのほか日本の青木功は、前半で1つスコアを落とし、後半に入っても11番でトリプルボギーを叩き大きくスコアを崩した。しかし、その後4バーディ、1ボギーでまとめて何とか1オーバー、通算イーブンパー(37位タイ)で競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 SBC選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。