ニュース

米国シニア全英シニアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全英シニアオープン
期間:07/21〜07/24 ロイヤルアバディーンGC(スコットランド)

G.ノーマンが2位へ浮上、日本勢では海老原が8位タイに!

スコットランド、ロイヤルアバディーンGCで行われている、米国チャンピオンズツアー第17戦「全英シニアオープン」の2日目。初日に続き、吹き荒れる強風に各選手が苦しむ中、通算1アンダーでトップに立ったのがクレイグ・スタドラー(アメリカ)。そしてベストスコア「67」を叩きだし、一気に単独2位へ浮上したのがホワイトシャークこと、グレッグ・ノーマン(オーストラリア)だ。

2日目は、ホワイトシャークがロイヤルアバディーンに、その鋭い牙を剥き出しにした。バーディを積み重ねる攻めのゴルフで、奪った数は計7つ。ボギーも3つ叩いたものの、2日目のベストスコア「67」をマークした。通算1オーバーの単独2位となり、完全にシニアツアー「初参戦初優勝」を射程圏内に入れている。

また、首位に立ったスタドラーも、4バーディ、1ボギーとクレバーなゴルフで、こちらも強さを発揮。明日からの決勝ラウンドも十分期待がもてる。

そのほかの注目選手としては、初日トップに立っていた、ローレン・ロバーツ(アメリカ)と、往年の名プレーヤー、トム・ワトソンが通算4オーバーの4位タイにつけている。彼らのプレーからも目が離せない。

最後に日本勢だが、この日見せたのは海老原清治。6オーバーの29位タイから1つスコア伸ばして、通算5オーバーの8位タイへ浮上。しかし、前日11位タイの好位置につけていた青木功は思うようにスコアを伸ばせず、通算8オーバーの17位タイへ後退。以下、友利勝良と新関善美は、12オーバーの38位タイ。藤木三郎が16オーバーの80位タイ。重信秀人も25オーバーの130位タイで2日目を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 全英シニアオープン




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。