ニュース

米国シニアチャールズ・シュワブ・カップ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2010年 チャールズ・シュワブ・カップ選手権
期間:11/04〜11/07 場所:ハーディングパークGC(カリフォルニア州)

J.クック、単独首位をキープ!B.ランガーは7位タイ、F.カプルスは13位タイ!

カリフォルニア州のハーディングパークGCで開催されている、米国チャンピオンズツアーの最終戦「チャールズ・シュワブ・カップ選手権」の2日目。ジョン・クックが通算9アンダーで単独首位をキープしている。

首位で2日目を迎えたクック。この日はスタートから12番までパープレーが続いた後、13番でボギー、直後にバーディを獲り返すという我慢のゴルフを展開。一時は首位の座も譲ったが、16番で起死回生のイーグルをマークして通算9アンダーとし、土壇場で首位に返り咲いて2日目を終えている。

<< 下に続く >>

そのクックに続くのはトム・カイトトム・レーマン。カイトは終盤にスコアを伸ばし、レーマンは中盤で3つスコアを伸ばしてそれぞれ通算8アンダーとし、首位と1打差の2位タイ。緊張感あふれる試合展開となっている。

通算7アンダー、4位タイにはフレッド・ファンクラス・コクランマーク・オメーラの3人。さらに1打差の通算6アンダー、7位タイにはベルンハルト・ランガー(ドイツ)ら4人。フレッド・カプルスは2つスコアを伸ばして通算4アンダーとするも13位タイは変わらず。尾崎直道は1つスコアを落として通算1オーバー、23位タイ。3日目の奮起に期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 チャールズ・シュワブ・カップ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!