ニュース

アジアンワールドクラシック選手権 at ラグーナ・ナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

谷昭範が4打差9位で最終日へ 川村昌弘らは予選落ち

◇アジアンツアー◇ワールドクラシック選手権 at ラグーナ・ナショナル 3日目◇ラグーナ・ナショナルG&CC(シンガポール)◇パー71

日没順延となっていた第2ラウンドを終えて、6位としたシディクール・ラーマン(バングラディシュ)が第3ラウンドを5バーディ、3ボギーの「69」でプレーし通算2アンダーとして、マレーシアのニコラス・ファンと首位に並んで最終日を迎える。

第2ラウンドを48位で終えた谷昭範は、7バーディ、3ボギーの「67」をマーク。首位と4打差の通算2オーバー、9位につけている。

木下稜介は通算10オーバー、川村昌弘は通算13オーバー、海老根文博は通算15オーバーで36ホールを戦い終え、いずれも予選落ちした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 ワールドクラシック選手権 at ラグーナ・ナショナル




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。