GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

米国男子ベイヒルインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

ベイヒルインビテーショナル
期間:03/15~03/18  場所: ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

P.ミケルソンの猛追を振り切り、T.ウッズが今シーズン初勝利を奪った。

順位 選手名 通算 合計
1 T.ウッズ -15 273
2 P.ミケルソン -14 274
3 G.ウェイト -10 278
4 St.ローリー -9 279
4 V.シン -9 279
4 G.ノーマン -9 279
4 S.ガルシア -9 279
8 D.ポールソン -8 280
8 S.ホーク -8 280
8 P.ゴイドス -8 280

スコア詳細を見る

フロリダ州オーランドで行われているベイヒル・インビテーショナルの最終日。 最終組のタイガー・ウッズセルヒオ・ガルシアの優勝争いに注目が集まった。

スタートホールでタイガーがボギーを叩き、11アンダーで並び、4番パー5では両者バーディ。終盤までもつれるかと思ったが、6番パー5でタイガーがバーディを奪ったが、ガルシアはトリプルボギーを叩いてしまった。ガルシアはこの1ホールで4打差をつけられ、優勝争いから脱落してしまった。

最終組を横目にスコアを伸ばしたのが、5位タイからスタートしたP.ミケルソン。前半に2つ、後半には4つのバーディでトータル14アンダーとし、この時点でタイガーに1打差のリードを奪いホールアウトした。

前半を2バーディ、1ボギーとしたタイガーは、11番でボギーを叩きスタート時の12アンダーに戻してしまった。P.ミケルソン逆転され苦しい展開となったが、3日目にボギーを出した16番のパー5で確実にバーディを奪い、再び首位タイに並んだ。

最終18番で5メートルのバーディパットを捻じ込み、タイガーにとって今シーズン初の栄冠を手にした。 再来週行われるマスターズの大本命が、大会直前に目を覚ました。目前のメジャー4連覇という獲物にタイガーが食らいつく。

日本から唯一出場している尾崎直道は、最終日にも1つスコアを落とし、トータル1アンダーで40位タイで終了した。


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?