GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内女子 ニチレイインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

初日、米国が圧勝。7.5対1.5!

勝者 結果 敗者
J.ゲディス&C.フィグクリア 65-68 島袋美幸&村井真由美
D.リシャード&C.ウォーカー 66-67 肥後かおり&野呂奈津子
村口史子&塩谷育代 68-68 L.ノイマン&K.ロビンス
小林浩美&P.ハースト 63-65 木村敏美&日吉久美子
G.グラハム&T.J.マイヤーズ 64-67 M.マクガイヤ&井上陽子
M.レッドマン&T.バレット 61-67 服部道子&高村亜紀
R.ジョーンズ&L.ケーン 67-69 前田真希&西田智慧子
原田香里&福嶋晃子 61-64 C.ジョンソン&K.チェター
A.ニコラス&L.ハックニー 63-67 コウ・ウスン&山岡明美
日本 1.5 合計 米国 7.5

スコア詳細を見る

日米チームの団体対抗戦、ニチレイインターナショナル。それぞれ2人ずつ組んでベストボールで競い、勝てば1ポイント、分ければ0.5ポイントという試合。しかし初日は9戦中なんと米国が7戦を制した。日本で勝ったのは福嶋晃子・原田香里の組だけ。また村口史子・塩谷育代組がかろうじて引き分け。

「1番ホールからイケイケでした。ミスもあったけれど、どっちかがカバーしてバーディ。噛み合わせがすごくよかった」と福嶋晃子。「私がパーの役目でしょう。私がきっちりグリーンに乗せる。するとアッコちゃんがセカンドを狙っていく。自分がそのときにやるべきことが、きっちりできました」と原田香里。
なるほど、原田と福嶋が合体すると、61が出る。

米国でもミッチェル・レッドマン、ティナ・バレットの組がやはり61。「2人で同じホールでバーディをとるということがなかった。それが好スコアの要因ね。ジグ・ザグね。すべてがうまくいきました」とか。ちなみに18ホール中、11ホールでバーディ。
この61はダブルスの大会タイ記録。しかし喜んでばかりはいられない。今年もまた日本の惨敗?と心配になるのだが 「バーディとっても勝てないのは、やはりツメが甘いのかも。相手がそれ以上に上回っているのかな・・」と原田。がんばりましょう。


特集SPECIAL

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには森井菖プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。