GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

尾崎ブラザーズ届かず、優勝はスタンコウスキー

1996/11/24 18:00

順位 選手名 通算 合計
1 P.スタンコウスキー -11 277
2 D.イシイ -11 277
3 尾崎健夫 -10 278
3 尾崎将司 -10 278
5 C.フランコ -9 279
6 坂本義一 -8 280
6 佐々木久行 -8 280
8 渡辺司 -7 281
8 羽川豊 -7 281
8 P.テラバイネン -7 281

スコア詳細を見る

もしやと思わせたジャンボ尾崎の2週連勝はやはりならなかった。悪いゴルフではなかったのだが、スタンコウスキーやデビット・イシイのゴルフが一枚上だったということだろう。
P.スタンコウスキーはプロになってからは初来日。学生時代に日米対抗(当時テキサス大学)で来たことがあるという。米ツアーでもまったく無名というわけではなく、今季ベルサウスで初勝利をあげている選手。

「プレーオフ、デビットが18番でパットを外すとは思わなかった。信じられなかった」とスタンコウスキー。「日本の試合に出たいと思っていた。米国で勝ったときが23万4000ドル、それより賞金が高い。24万5000ドルですから。予定? 妻にも会いたいし、感謝祭もあるのですぐ米国に帰ります。来年は3試合くらい出場したい。もちろんこの大会も出場したいですね」
テラベイネンもそうだったけど、ひょいっと出てきてあっさり優勝。日本のツアーって魅力的に見えるんだろうな。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?