GOLF DIGEST ONLINE ゴルフダイジェスト・オンライン
ニュース

国内男子 日本プロゴルフマッチプレー選手権プロミス杯の最新ゴルフニュースをお届け

尾崎兄弟、丸山茂樹など2回戦へ進出

1997/09/04 18:00

勝者 結果 敗者
尾崎直道 1up 井戸木鴻樹
東聡 1up 水巻善典
P.テラバイネン 3 and 2 森茂則
木村政信 4 and 2 鈴木亨
桑原将一 23H1up 佐藤信人
細川和彦 3 and 2 真板潔
T.ハミルトン 2 and 1 飯合肇
渡辺司 3 and 2 手嶋多一
丸山茂樹 21H1up 溝口英二
宮瀬博文 3 and 2 芹澤信雄

スコア詳細を見る

32名の選手がマッチプレーで戦う名物競技が今年も始まった。昨年の優勝者芹沢信雄は早くも宮瀬博文に3-2で敗退。このほかはまぁ順当(?)な勝ち上がり。この試合は2日目から36ホールを戦わなくてはならないから、本当に体力勝負、精神力勝負。面白い試合です。
ご存じの人には余計な解説ですが、マッチプレーは各ホールごとに対戦相手との勝ち負けを決めていきます。バーディを取って勝とうがボギーで勝とうが、1ホールの勝ちに変わりはありません。またコンシード(いわゆるOK)もあるし、負けが決まったホールでは最後までホールアウトをしないことも多い。したがってトータルのストローク数はまったく無意味。よく新聞などに総計のスコアが掲載されているが、あくまで推測(参考)数字と見てください。
ちなみに、最後のホールまで戦って1ホールのリードなら「1up」。2ホールのリードで来て17番(18ホールマッチの場合)で決まれば「2-1」。つまり、1ホール残して2upの意味ですね。また延長にもつれこんで例えば21ホール目で決まれば「21H 1up」という表記になります。


特集SPECIAL

ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯が、8月17日(木)恵庭CC(北海道)で開催。大会期間中は、試合・練習の模様をインターネットで生中継!賞金1億円は誰の手に!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?