最近のニュース 新着一覧≫


2020/09/21記録

「全米オープン」歴代優勝者&日本人成績

.シンプソン 藤田寛之 51T石川遼 予落谷口徹 予落高山忠洋 予落 オリンピッククラブ 2011 R.マキロイ 石川遼 30T久保谷健一 68T藤田寛之 予落 コングレッショナルCC 2010
2020/09/14全米オープン

2020年「全米オープン」出場者&資格

・ホマ トーマス・ピータース ホアキン・ニーマン J.T.ポストン ハリス・イングリッシュ ケビン・ストリールマン マティアス・シュワブ アレックス・ノレン マット・ジョーンズ ポール・ワーリング ブランデン・グレース ロリー
2020/08/03全米プロゴルフ選手権

2020年「全米プロゴルフ選手権」出場選手一覧

アン・ビョンフン アブラム・アンセル マイク・オーターソン ダニー・バリン アレックス・ビーチ リッチ・ビーム リッチ・バーバリアンJr ダニエル・バーガー ジャスティン・バーチュ クリスティアン
2020/09/04進藤大典ヤーデージブック

出るだけですごい最終戦 マキロイが10億円つかんだ16番

。このイーストレイクGCをホームコースとしていた“球聖”ボビー・ジョーンズも天国でうなっていたことでしょう。 最後にマキロイ選手、第一子誕生おめでとうございます!(解説・進藤大典)
2020/11/12マスターズ

「我々は岐路に立っている」 飛距離問題でオーガスタGC

距離が変わるだけではなく、ホールの見え方が変わり、設計哲学も変わってしまう。我々がいつも注力しているのは、(アリスター)マッケンジーと(ボビー)ジョーンズの設計哲学を維持することだ」と場当たり的な対処
2020/09/16ヨーロピアンツアー公式

全米オープンで知っておくべき5つのこと

・ミケルソンは14年前に優勝まであと一歩のところまで迫ったコースで生涯グランドスラムの達成に挑むほか、ロリー・マキロイはメジャー5勝目、そして父親として初優勝を目指すことになる。 6度目の全米
2014/04/10PGAコラム

マスターズで勝利する為の様々なファクターとは・・・

の選手を挙げた。マスターズのディフェンディングチャンピオンである彼は、オーガスタでの連覇は非常に難しいとされているが、彼もまたそのうちのひとりに挙げている。 ロリー・マキロイは70名と答えた。大会初日
2015/08/16ヨーロピアンツアー公式

ウィスリングストレイツでデイが勇躍

」 トニー・フィナウとマット・ジョーンズはともに通算10アンダーの6位タイにつけている。ダスティン・ジョンソン、「メイバンクマレーシアオープン」と「ヒーローインドオープン」を制し今季欧州ツアーで2勝を
2007/04/14ギンオープン

アニカ・ソレンスタムが一時離脱! 勢力図はどう変わる?

今シーズンはもうこれで終わりということはないと私は思います。」 ブライアン・ハモンズ 「ではここで、アニカと全く同じ怪我に見舞われたロージージョーンズに話を聞いてみたいと思います。アニカが最初に
2001/07/26

世界で活躍する日本の選手たち

Sybase。 優勝はロージージョーンズ、最終ホールでバーディを取り、ローラ・ディアスを振りきる。 今年2勝目、ツアー12勝目。 小林浩美は73-71-73-71、288で43位、福嶋晃子は72-70-73
2008/01/29

今田竜二が急浮上!/男子各種ランキング

,090ドル/3試合/変動なし 2位/崔京周/1,021,500ドル/3試合/変動なし 3位/ロリー・サバティーニ/964,000ドル/3試合/3ランクアップ 4位/タイガー・ウッズ/936,000ドル/1
2013/08/21PGAコラム

パワーランキング/ザ・バークレイズ

。2009年のリバティナショナルでは24位タイの成績。 <9>リッキー・ファウラー ポイントランクでは42位でプレーオフに臨む。ここ7戦では6回のトップ25入りを果たしており、全米プロでは19位タイに
2014/07/28PGAコラム

WGCブリヂストンインビテーショナル 事前情報

、1960年に「全米プロゴルフ選手権」で使用されるためロバート・トレント・ジョーンズの手によって再設計された(同年の優勝者はジェイ・ハーバート)。PGA・オブ・アメリカは同大会を1966年と75年に再び
2019/06/03全米オープン

2019年「全米オープン」出場者&資格

1 直近10年の全米オープン優勝者 ブルックス・ケプカ ルーカス・グローバー ダスティン・ジョンソン マルティン・カイマー グレーム・マクドウェル ロリー・マキロイ ジャスティン・ローズ ウェブ
2018/06/11記録

「全米オープン」出場選手&資格

1.過去10年の全米オープン優勝者 ルーカス・グローバー ダスティン・ジョンソン マルティン・カイマー ロリー・マキロイ ジャスティン・ローズ ウェブ・シンプソン ブルックス・ケプカ グレーム