ニュース

米国女子アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintageの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintage
期間:05/08〜05/11 場所:マウントビンテージPGC(サウスカロライナ州)

上位ベテラン勢は安泰、背後からL.オチョアが迫ってきた!

サウスカロライナ州ノースオーガスタにあるマウントビンテージPGCで開催されている、米国女子ツアー「アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintage」。決勝ラウンドに入っても上位選手は順調にスコアを伸ばし、順位に大きな変動は見られない。

首位は初日から変わらずロージー・ジョーンズ。序盤すべてパープレーのジョーンズは、後半バーディを3つ奪い13アンダーまで伸ばした。今週は女王アニカ・ソレンスタムが日本で行われている「ニチレイカップワールドレディスゴルフトーナメント」に出場しているため、ジョーンズとしても勝っておきたいところだ。

<< 下に続く >>

11アンダー2打差の2位には、ローラ・ディアスが順位を1つ上げてきた。1打差の10アンダーは2位から後退したウェンディ・ウォード。さらにパット・ハーストが続くというベテランが上位を占める展開になった。

そのベテランの壁を打ち破ろうと、新鋭のロレーナ・オチョアが上位に浮上してきた。前半4つのバーディを奪い、9番パー5はイーグル。怒涛の勢いで優勝争いに加わったオチョアだが、10、11番で連続ボギーを叩いてしまった。その後はバーディ、ボギーの繰り返しで結局3ストローク伸ばしてホールアウト。ここ数試合安定した成績を残しているだけに、最終日の追い上げも期待できそうだ。

予選2ラウンドを終えて2アンダー18位で踏ん張っていた片野志保は、6ボギーに加え8番ホールではダブルパーの8を叩いてしまった。この日だけで10オーバーを叩く大乱調で、トータル8オーバー74位まで後退してしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintage




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!