ニュース

米国男子オメガミッションヒルズワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

いつも笑顔のブレンダンが悲痛の表情

オーストラリア代表として「オメガミッションヒルズワールドカップ」に出場しているブレンダン・ジョーンズ。大会初日はチームメイトのリチャード・グリーンと11アンダーを記録し単独首位に立った。そして2日目もスコアを2つ伸ばして通算13アンダーでアイルランドと並び首位タイとなっている。

日本ツアーを主戦場とするブレンダンは、ラウンド中もギャラリーから声援をもらうと笑顔を返し、ラウンド後にもファンに対して優しく接する。その対応は中国でも変わらない。そんなブレンダンが最終18番を終えた直後、右胸の肋骨辺りを苦しそうに押さえ込み悲痛な表情を浮かべていた。

どうしたのか尋ねると「あー、あれは18番で2打目をミスして池に入れてしまったかと思ってドキドキして、最後のパーパットも入れなきゃと思ってドキドキしただけ」と笑顔で答えてくれた。

たしかに18番で2打目を打ったブレンダンのボールはグリーンの右サイドに行き、あと2ヤードで池というミスショットだった。さらに、リチャードの3打目がピンに寄せきれず、ブレンダンは5mのパーパットを外したためにアイルランドに並ばれてしまった。

しかし、写真でもわかるように、一瞬ではなく、チームメイトに背を向けた状態で苦しい表情をしていた。心配しないで、というブレンダンの配慮なのか、本当に何もなければ良いのだが。具合が悪いかどうかは、1人ずつプレーをする3日目のプレーを見て判断するしかなさそうだ。(中国海南島/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 オメガミッションヒルズワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。